呪術廻戦 102話 ネタバレ Raw Jujutsu Kaisen 102th Episode

芥見原作の人気マンガ『呪術廻戦』は、常に激しい戦闘と緻密なストーリーラインでファンを引き込んできました。その伝統は、『呪術廻戦』第102章でも引き続き継承され、魔術師と呪いの壮絶な対決がスリリングに描かれます。この記事では、この章で起こる重要な出来事や登場人物の成長に焦点を当て、詳しく紹介します。

呪術廻戦 102話 ネタバレ Raw Jujutsu Kaisen 102th Episode

呪術廻戦』第102回へのリンクはこちら。

明かされるチョソの復讐

この章では、チョソとユウジの感情的なやり取りが幕を開けます。呪われた子宮の使い手であるチョソは、「デス・ペインティング」の使い手であり、弟たちの最期についてユウジに問いかけます。

ユウジは最初、チョソが何を言っているのか理解できませんでしたが、やがて自分が殺した2人のことを話していることに気づきます。怒りに駆られたチョソは悪意を爆発させ、弟たちの仇を討つことを宣言します。激しい対決が始まります。

天然痘の神の領域に対するメイメイの闘い

混乱の中、恐ろしい魔術師メイメイは、「天然痘神域拡張」と呼ばれる致命的な呪術に囚われていることに気づきます。呪いの墓石が彼女を地下に葬ろうとし、感染へのカウントダウンが始まります。この危険な技法を知らないメイメイは、生き残るために知恵と技術を頼りにしなければなりません。

天然痘神域の予測不可能な性質

メイメイは領域内で呪いと戦う中で、このユニークな呪いの技の複雑な仕組みを理解していきます。対象を棺桶に閉じ込めて地下に埋め、カウントダウンによって天然痘に感染させるというものです。メイメイがこの領域で経験したことが、その複雑さと捕まった場合の悲惨な結末に光を当てます。

メイメイの巧妙な反撃

藩国の限界と一度に一人しか標的にできないという事実を認識したメイメイは、大胆な計画を立てます。病気の呪いを、自分ではなく弟のウイウイに集中させるのです。

ウイ・ウイは、メイメイの反撃に快く協力し、共に呪いを打ち破り、戦いの流れを有利にしようとします。彼らはメイメイの計画に従い、呪われた棺の中に閉じ込められ、命の危険にさらされます。しかし、メイメイは割って入り、斧で呪いの手を切り落とします。この意外な展開は、メイメイの強さと勝利への決意を示しています。

無料漫画, manga1001, 漫画raw, 無料漫画, 漫画無料, 漫画ロウ, 漫画bank, Manga raw, manga raw, 漫画play, 漫画 play, 漫画 raw, 漫画ばんく, 漫画 bank, manga1000

黒い鳥を操る予期せぬ力

メイメイは一羽のカラスを召喚し、戦いの手助けをします。彼女の生まれつきの技「黒鳥操」が明らかになります。このカラスは、バードストライクという破壊的な攻撃を繰り出すことができ、五條サトルですら生き残ることができません。メイメイの技は、戦いにスリリングな展開をもたらします。

มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 102, 咒術迴戰 102, Jujutsu Kaisen 102, 呪術廻戦 102, 咒术回战 102, Sorcery Fight 102, Магическая битва 102, Магічна битва 102, جوجوتسو كايسين 102, जादुई लडाई 102, Chú Thuật Hồi Chiến 102, Lanet Savaşları 102

擬似ゲトの承認

擬似ゲトはメイメイの腕前と技量を認め、手強い柔術家であることを認識します。二人の戦いは、妖術と呪術の衝撃的な激突となることが約束されています。

結末

柔術回天第102章「生」は、アクション、戦略、キャラクターの成長に満ちた胸躍る物語を提供しています。チョーソの復讐の探求、メイメイの狡猾な反撃、そして擬似ゲトとの間近に迫った対決は、この章の興奮に貢献しています。

ファンは完全翻訳版を待ち望んでおり、この章は魅力的な漫画シリーズの未来を垣間見せています。魔術師と呪いの戦いは激しさを増し、読者は次回作でどのような展開になるのか楽しみにしています。

呪術廻戦 raw 102, 呪術廻戦 102raw, Jujutsu Kaisen 102raw, Jujutsu Kaisen raw 102, 呪術廻戦 102raw, 呪術廻戦 102話 raw, 呪術廻戦102raw, 呪術廻戦102raw, 呪術廻戦 ネタバレ102raw, 呪術廻戦102話 raw, Jujutsu Kaisen 102, 呪術廻戦raw102, 呪術廻戦 102raw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です