呪術廻戦 38話 Raw ネタバレ Free – Jujutsu Kaisen 38 Raw

ゲゲゲの芥見による『呪術廻戦』は、手に汗握るストーリー、爽快なバトル、魅力的なキャラクターでファンを引き込むダークファンタジー漫画として知られています。第38章もその例外ではありません。この章では、突然変異した呪いの死体であるパンダと、小吉によって遠隔操作されるメカ丸との壮絶な対決が繰り広げられます。

ここでは、パンダとメカ丸といった2つの強力な存在の力関係、メカ丸にまつわる謎、そして読者を驚かせるような予想外の展開について詳しく紹介します。

呪術廻戦 38話 Raw ネタバレ Free – Jujutsu Kaisen 38 Raw

呪術廻戦』第38話の生放送は、こちらのリンクからどうぞ。

パンダの正体と出自

第38章のアクション満載のイベントに入る前に、パンダが何者で、どこから来たのかを理解することが重要だ。パンダは、傀儡術の第一人者であるヤーガ校長が作り出した、突然変異した呪いの死体である。

パンダの特殊性

一般的な呪われた死体とは異なり、パンダは生まれながらにして感覚を持ち、感情を持っている。彼のユニークな性質が、この章におけるイデオロギーと権力の衝突の舞台となる。

権力闘争の始まり

章は、人里離れた場所にいる小吉とパンダから始まる。幸吉は包帯を巻かれ、その弱々しい身体状態を強調している。しかし、パンダは決して脆弱ではない。パンダは幸吉から呪われた死体と呼ばれることに憤慨し、彼を人形と呼ぶ。パンダは小吉に「呪いの死体」と呼ばれたことに憤慨し、人形と呼ばれたことに憤慨する。

メカ丸の強大なパワー

戦闘が始まると、小吉の遠隔操作下にあるメカ丸は、ブーストONのソードオプションに切り替え、ウルトラスピンと呼ばれる破壊的な攻撃を繰り出す。このウルトラスピンの威力は凄まじく、近くの木をなぎ倒すほどの威力だ。パンダはその敏捷性と戦闘能力で、この攻撃をかろうじて回避することに成功する。しかし、この出会いはメカ丸の恐るべき強さと、彼の能力をめぐる謎を浮き彫りにした。

ランクの啓示

メカ丸の力に興味を持ったパンダは、メカ丸の階級を尋ねる。パンダは驚き、メカ丸が準1級であることを明かす。パンダは侮ることのできない強敵が相手であることを悟る。メカ丸の次の技は、ウルトラキャノンとして知られる呪われたエネルギーの集中ビームだ。パンダのコアを打ち抜かない限り、メカ丸の火力が役に立たないことは明らかだ。ここで、パンダの存在意義が明らかになる。突然変異した呪いの死体であるパンダは、心臓の代わりに呪いのエネルギーの核を持っている。このコアがパンダの弱点であり、メカ丸が優位に立つにはこのコアを狙う必要がある。

接近戦におけるパンダの優位性

接近戦では、パンダがメカ丸に対して明確な優位性を示している。メカ丸がアリーナの外から小吉に操られていることが明らかになり、選択肢が狭まる。パンダは、小吉の作戦が実行される前に、今ここでメカ丸を倒すしかないことを悟る。

明かされる小吉の天の制約

戦いが激しさを増す中、小吉は自らの力の驚くべき一面を明らかにする。それは、虚弱な肉体を補って余りある “呪いのエネルギー “を持つ “天の制約 “だった。光吉の身体は限界だらけで、日光を浴びることができず、両足と両腕がない。この事実は小吉の性格に深みを与え、力を得るためならどこまでも厭わないことを強調している。

Jujutsu Kaisen 38raw, Jujutsu Kaisen raw 38, 呪術廻戦 38raw, 呪術廻戦 38話 raw, 呪術廻戦38raw, 呪術廻戦38raw, 呪術廻戦raw38, 呪術廻戦 38raw, 呪術廻戦 raw 38, 呪術廻戦 38raw, 呪術廻戦 ネタバレ38raw, 呪術廻戦38話 raw, Jujutsu Kaisen 38

มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 38, 呪術廻戦 38, 咒术回战 38, 咒術迴戰 38, Jujutsu Kaisen 38, Chú Thuật Hồi Chiến 38, Lanet Savaşları 38, Sorcery Fight 38, Магическая битва 38, Магічна битва 38, جوجوتسو كايسين 38, जादुई लडाई 38

パンダの変身 ゴリラモード

戦いがクライマックスに達したとき、メカ丸はパンダをつかまえる。パンダは、戦火に巻き込まれた野ばらを守るために、攻撃を受けるという尊い決断をする。この無私の行動は、パンダの仲間への献身を示し、彼のキャラクターに感情的な深みを与えている。パンダがメカマルのフルパワーのアルティメットキャノンに吹き飛ばされると、章は予想外の展開を見せる。メカ丸は勝利は手の届くところにあると思っていたが、意外な展開が待っていた。パンダの声はメカ丸に衝撃を与え、読者をハラハラさせる。

結論: 新たな展開へ

砂塵が晴れ、パンダが姿を現す。彼は新しい姿を披露する: ゴリラモードだ。この変身は戦いに新たな陰謀の層を加え、読者はパンダの新発見の力の全容を見るために次の章を待ち望むことになる。

おわりに

柔術廻戦」第38章は、パンダとメカ丸の対照的なイデオロギーとユニークなパワーによる、アクション満載、感情移入必至の戦いを描いている。メカ丸の能力と小吉の「天の制約」にまつわる謎が明らかになるにつれ、勝負の行方はこれまで以上に大きくなっていく。パンダがゴリラモードに変身したことで、次章ではファンを魅了する壮大な対決が繰り広げられる。シリーズが進化を続ける中、この呪いと柔術のスリリングな世界で、ゲゲ芥見は他にどんな驚きを用意しているのだろうか。

無料漫画, 漫画無料, 漫画ロウ, 漫画raw, 漫画bank, 漫画play, 漫画 play, 漫画 bank, manga1001, manga1000, 無料漫画, Manga raw, manga raw, 漫画 raw, 漫画ばんく

関連記事

呪術廻戦 37話 Raw ネタバレ Jujutsu Kaisen
呪術廻戦 39話 Raw ネタバレ Free
漫画 呪術廻戦 RAW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です