サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画ロウ 漫画raw Manga

『サカモトデイズ 160話 Raw』では、有月の計画が進行中であり、物語が新たな展開に向かっている注目すべき段階です。有月の爆破テロ計画の進展により、物語はさらなる転機を迎えることが期待されます。

前回の158話を見返したい方はこちら:サカモトデイズ 158話 Raw

サカモトデイズ 160話 Raw

サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 1
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 2
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 3
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 4
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 5
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 5
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 6
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 8
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 9
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 10
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 11
サカモトデイズ 160話 Raw – 漫画raw 12

有月の策略

160話では、晶と京(カナグリ)がタイの廃工場に向かい、有月との対決が描かれました。晶は有月を「リオンを殺した男」として非難し、戦闘の準備をします。しかしその直前、サカモト達が駆けつけます。晶は有月に致命傷を与えますが、有月の内にリオンの人格が現れ、状況は一変します。

130話では、有月の内に存在するリオンの正体が明らかにされます。そして、有月は鹿島とともに日本へと去ります。131話では、鹿島が協力することを決意し、サカモト達は有益な情報を得ます。132話では、鹿島が有月の計画を明かし、麻樹栖を爆破するというものであることが判明します。しかし、その後の展開は予想を超えるものでした。

最新の展開

160話では、有月の爆破テロを防ぐことが焦点となります。南雲、神々廻、大佛の行動も注目されています。物語はますます緊迫した状況になっています。

結論

『サカモトデイズ』第160話では、有月の計画への対処が重要なテーマです。読者は次回の展開に高い期待を寄せており、物語の展開に引き込まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です