終末のワルキューレ 86話 Raw – 漫画ロウ 漫画raw Manga

終末のワルキューレ 86話 Rawは、レオニダスの敗北が人類にとって大きな打撃となりました。戦局は後半戦に突入し、神側はまだ力強い神を手元に保有していますが、人類側は若干名前が薄弱に見えます。今回の戦士は沖田総司となり、残りのメンバーも非常に厳しい雰囲気です。

終末のワルキューレ 86話 Raw

Image
Image
終末のワルキューレ 86話 Raw 1
終末のワルキューレ 86話 Raw 2
終末のワルキューレ 86話 Raw 3
終末のワルキューレ 86話 Raw 4
終末のワルキューレ 86話 Raw 5
終末のワルキューレ 86話 Raw 6
終末のワルキューレ 86話 Raw 7
終末のワルキューレ 86話 Raw 8
終末のワルキューレ 86話 Raw 9
終末のワルキューレ 86話 Raw 10
終末のワルキューレ 86話 Raw 11
終末のワルキューレ 86話 Raw 12
終末のワルキューレ 86話 Raw 12
終末のワルキューレ 86話 Raw 14
終末のワルキューレ 86話 Raw 15
終末のワルキューレ 86話 Raw 16

本文

神側の最大の切り札、ノストラダムス。ヒルデはそれを使うのか、それとも他の手段を選ぶのか、すべては沖田総司の次の動きにかかっているようです。

ヒルデは闘技場の回廊で沈思黙考していたが、そこに神側の戦士であるオーディンが立ちはだかります。オーディンの言葉に一瞬驚きつつも、ヒルデは毅然とした態度で応じ、ガンを向けます。オーディンは控えめになるよう忠告しますが、ヒルデは溜息をつきながら…

「戯れが過ぎませんか、ロキ様?」とヒルデが言うと、オーディンの正体を看破し、冷たい眼差しを向けます。ロキは嘆きつつも笑顔を見せ、ヒルデを救いに来たと叫びます。ヒルデは冷たく反応し、その場を去ろうとしますが、ロキは彼女に見返りを求めていないと伝えます。ヒルデはそれでも一人だけが生き残ることに意味はないと拒絶し、その場を去ります。

ヒルデがロキの気持ちを理解している一方で、ロキは彼女の本心を知っているようです。ロキは自らの思いに苦しみつつも、ヒルデを追いかけることを決意します。

ロキの思い

ロキはヒルデが一人だけで生き残っても意味がないことを理解しています。ジークフリートの救出を願い、ヒルデに向けて心からの思いを抱きます。

ジークフリートの出現により、ヒルデはラグナロクを開催した目的が明らかになりつつあります。ロキはヒルデの反応を見て、彼女がジークフリートと深い関わりを持っていることを理解し、彼女の強い意志に触れます。

ヒルデは自分の気持ちは本心であり、人類を勝利に導く決意を胸に秘めています。ロキはその場を去りつつも、ヒルデの行動が本気であることを感じ取ります。

ヒルデの真意

ヒルデはジークフリートの救出を通じて人類を救おうとしています。その気持ちに嘘はなく、ジークフリートの運命と深く結びついていることが明らかになります。

コンクルージョン – 漫画ロウ 漫画raw Manga

次の場面では、オーディンと釈迦の対話が描かれています。ジークフリートの過去と彼に対する神々の怨みが明らかになり、オーディンの野望が暗示されます。同時に、新たな闘技場が登場し、幕末の京都が舞台となります。次回では、沖田総司と素戔嗚命の刃が交わる様子が描かれる予定です。非常に楽しみな展開が待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です